多焦点について

はじめに老眼のメカニズムについてご説明します。
眼の中には、水晶体といわれるレンズ(単焦点レンズ)が備わっています。
単焦点とは、遠近どちらか一方にしかピントを合わせることができません。
しかし水晶体には弾力性があり、眼の筋肉の収縮によって厚さを変えることができます。
厚くなることで近くを見たり、逆に薄くなることで遠くにピントを合わせるといった調節を行うことで両方をみることができます。
加齢とともに(おおよそ40代後半)水晶体は徐々に弾力性を失っていきます。
結果伸縮機能が衰えて、レンズが厚くなりにくくなり近くのものが見え難くなります。
これが老眼です。

多焦点眼内レンズの白内障手術

通常、白内障手術で使用されている眼内レンズは単焦点眼内レンズというもので、遠近のどちらか一つの距離に合わせたレンズとなります。
白内障手術を行うと、濁りがなくなり、視野が開け明るく見やすくなります。
しかしながら一つの距離にしか焦点が合わないため、単眼レンズの属性(遠近どちらか)によって見え難くなるというデメリットがあります。
多焦点眼内レンズによる白内障手術は、まさにそのデメリットを解消した、遠くも近くも見える治療法です。
また、従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応しております。

多焦点眼内レンズについて

当院では現在多く先進医療施設で使用されている回析型レンズを挿入しています。
回析現象により、入射光を遠用と近用に配分する多焦点眼内レンズです。
日本国内で認可されているAMO社製・Alcon社製のレンズを使用しています。
患者さまの生活スタイル等ご相談の上、レンズ選択し度数を決定させていただきます。

* また手術をご希望されても生活スタイルや角膜の形状(主に乱視が強い場合)や眼底の所見により適応外と判断する場合もあります。

横浜みなと眼科は「先進医療認定施設」です。

当院は多焦点眼内レンズによる白内障手術で「先進医療認定施設」として指定されています。
「先進医療認定施設」での多焦点眼内レンズによる白内障手術には「先進医療保険」が適用となりますので、手術時、患者さまへの費用的負担が軽減されます。

ページトップへ

横浜みなと眼科 横浜市南区浦舟町4-47-2 メディカルコートマリス3階 電話 045-243-1313

Copyright©   横浜みなと眼科. All rights Reserved.